petit et beau

2011年03月14日

blogしばらく休みます


地震と津波によって、犠牲になった多くの方のご冥福をお祈りいたします。



救助を待っている命が、ひとつでも多く救われますように。

必要な手や物資が、本当に必要としている人のところに行きわたりますように。

助かった人も、不便な生活を強いられ、元通りの生活に戻るにはかなりの時間がかかることと思います。

下向きにならず、復興のため上を向き涙こらえてがんばりましょー



私は非力で、できることが少ないです。


blogはしばらくの間、お休みします。まーたー、あーうー日までー



110314-1


タグ:地震
posted by gurico at 06:00 | 日々の事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

レティキュラータ覚書その2


週末、マンションの消防用設備の点検があります(・ω`・)

全部の部屋の火災報知機の点検、ベランダの避難ハシゴの点検があんの。

どの部屋にも、他人が入る機会ってあんまりないでしょー

先月からチョコチョコ見られたくないものとか整理してはいるものの、

手をつけてないベランダが一番やっかい。自分だって狭くて大変なのに、男の人が二人はなおさら狭い。

この点検、年に2回あるんだけども、前回はみごと棚に服をひっかけて2鉢落下(´・ω・`)

今回は、自分も窓にへばりついて倒されないよう見張ってるつもり!

やりずらいだろうけど、しょうがないよね。。。

マンション住まいの肉ラーは、みなさんこんな苦労してるんだろーか?



本日は、レティさんの続き。




110309-5

reticulata v.hurlingii JDV87/191 Goudmyn


2009年5月の買った頃

そうか、買った時は単頭だったんだ。なんか、初々しさがあるw

いまはポコポコ増えてる。群生しても一個一個が可愛いまんまなとこがいいね。







110309-6

6.reticulata IB08882 W of Eilandia


このレティはけっこう大きめ。1コなのに、2.5号鉢にどっしり。

水玉は目立たない。葉の際に入るタテ窓が凛々しいイメージ。




ウチに来て、初の花芽が出てる。

110309-6i


茎も太いし、花芽もデカイ!これだけは、お花見ようと思ってます♪







110309-7

7.reticulata JDV86/107 Buitenstekloof


これは、2009年7月に記事書いてた。

Nっち産のレティ。外しても外しても仔が出てくる、トンガリレティさん。








110309-8

8.reticulata


このコは私のファーストレティ。2009年5月がコレ

産地データがないってことで、あんまり放出もせず。放置してたら、イイ感じに群生株に。




上から見るとこんな

110309-8i


スリット鉢が変形してきてるから、今年は植え替えてあげないとだなー






昨日の集合写真に入ってなかったコ

110309-9

9.reticulata v.hurlingii 小型繊細ノギ
 

すっかり存在を忘れてた・・・

名前で想像つく?そうそ、これは屋上出身。実はコレ、すっごく小さいコの集団で2号鉢なの。

ラベルの繊細ノギってのはどうかと思うんだけどね。

窓の割合が多めで、コンパクト可愛い(*´ω`*)




以上、ベランダのレティ達でした。次回は2年後〜

・・・blogを続けていたら(*≧艸≦)www

posted by gurico at 22:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | ハオルチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

レティキュラータ覚書


昨日のトランシエンスに続き、今日はレティさん。

まま、みんな好きなのはそれほど魅力的ってことだからだよね(●´ω`●)



うちのレティさん集合
110309-0



1.reticulata v. hurlingii 04-277 IB6172-1A Rooiberg Robertson

2.reticulata v.reticulata JDV94/16 Dublin

3.reticulata v. hurlingii Bonnievale

4.reticulata v.reticulata Rooiberg (ex sheilam)

5.reticulata v.hurlingii JDV87/191 Goudmyn

6.reticulata IB08882 W of Eilandia

7.reticulata JDV86/107 Buitenstekloof

8.reticulata

9.reticulata v.hurlingii 小型繊細ノギ 

長くなると途中で寝落ちしそうだから、今日は上から半分だけ






110309-1

1.reticulata v. hurlingii 04-277 IB6172-1A Rooiberg Robertson


葉の先が尖るタイプなんね。いまは単頭だけど、群生したらかっこいいんじゃないかと思ふ







110309-2

2.reticulata v.reticulata JDV94/16 Dublin


今年の寒さならイケる!と過信して水やったら下葉が凍ったっぽい。白っぽくてフニャけてる。

少し縦に育つタイプなんかな?ちんまりなってくれない。







110309-3

3.reticulata v. hurlingii Bonnievale


2009年5月はコレ
日当たりガンガンのとこにあります。

気温が安定したら、水たっぷりにしてパンパンにさせたい♪

そんでもって、ミドリに変わっていくグラデーション楽しむんだ〜(*´ー`*人)








110309-4

4.reticulata v.reticulata Rooiberg (ex sheilam)


まだウチに来て日が浅いからか、調子がいまいち。膨らんだらもっと違った印象になるかな?






そういえば、4月の植木市のことを聞いてきたのでご案内

■□■ 北区植木市 ■□■
赤羽公園 4月8〜10日 10:00〜
飛鳥山公園 4月15〜17日 10:00〜

お誘いあわせのうえ、肉狩りにおでかけくださいませ。


posted by gurico at 23:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | ハオルチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

トランシエンス覚書



多肉の例会なんかだと、少しお年を召した方のラベルはトランジエンスって書いてあるね。謎。

いまのところ、顔が違うってことで買ってるからか、ダブりなし。

よしよし。

あとは、やたら白っぽいのが欲しいところです(●´ω`●)


今後、ダブって買わないように覚書としてリスト保存

1.H.transiens MBB6825 S of Geelhoutboskloof
2.H.cymbiformis v. transiens
3.H.transiens JDV93-27 Prince Alfred Pass, S of Uniondale
4.H.transiens PVB7077 Oshoek, Joubertinia
5.H.transiens CL3 EVJ6729 Dieprivier
6.H.transiens JIL334 De Vulgt, Klein Plassie River






110308-1

1.H.transiens MBB6825 S of Geelhoutboskloof


大群生だったのをバラバラに。もう根っこがパンパンだったから、ばらして配った。







110308-2

けど、まだある。全部同じ鉢出身だけど、いろんなとこに置いたり。水の頻度変えてみたりしてる。

右前のがかなり違ってきたなー。てか、この実験もう辞めたい・・・ので放出予定。








110216-6

2.H.cymbiformis v. transiens


先月も登場した、スケスケなシンビ。産地データがないのがまっこと残念。








110308-4
3.H.transiens JDV93/27 Prince Alfred Pass, S of Uniondale


このコは、ふんわりピンクに染まる。かたちもコロンとしてて、とっても可愛い(○´ω`○)







110308-5
4.H.transiens PVB7077 Oshoek, Joubertinia


肉厚なコ。トランシエンスっぽい、フニャフニャやわ〜んな感じではなく、カチッとした透明葉。







110308-6

5.H.transiens CL3 EVJ6729 Dieprivier

このコ、2009年5月に登場済み

このコ親に使っての交配を、2年連続やったら今年の夏に溶けた。。。

かろうじて、春に外してあった仔株がコレ。2年前より小さくなっちまって( ノД`)

また春にグワーンとでかくなってください!!切に願!!







110308-7
6.H.transiens JIL334 De Vulgt, Klein Plassie River


1年くらいいるけど、葉っぱが伸びただけで仔が吹かない。

トランシエンスにしては透明度がいまいちだけど、アミ模様がくっきりしてて良いと思う。

花芽とか出してやる気だしてます。が、今年は実生一切やんないから、バツンと行きます!





トランシエンス以外のシンビ系、分類のしかたがわかんないけど、一度整理したい。

あと、レティキュラータも整理必要。







同じ名前のタイプ違いって、コレクションしたくなるってのもあると思うけど、実際はスペースの問題もある。
その場所ビンボーな中、いちおう選んで入手してるつもり。
ただ、手に入れるだけで満足するような趣味家にはなりたくない。。。

いろんなコトにフラフラ興味をもっちゃうから、ひとつの分野に精通できないのはちと悩み(´・ω・`)
でも、趣味だから楽しくやるってのが大前提だよね〜

いいじゃあないか!あっちゃこっちゃフラフラしてんのが楽しいんだから♪



タグ:ハオルチア
posted by gurico at 23:55 | Comment(10) | TrackBack(0) | ハオルチア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。